カテゴリ:2017年11月( 14 )

雪の結晶のようで、冬にピッタリですね!!

■シルバーレース
少し乾燥した、日当たりと水はけのよい場所を好みます。初夏に白いお花が咲きますが、お花を咲かせたままだと株が弱ってしまうので切り取ります。寄せ植えによく用いられ雪の結晶のような姿なのでクリスマスらしい寄せ植えになると思います(^-^)展望プラザのウェルカムガーデンにてご覧いただけます🎶
c0366802_11350925.jpg

by herbguide | 2017-11-29 11:35 | 2017年11月 | Comments(0)

良い香りのワイルドストロベリー(^-^)

■ワイルドストロベリー

実は小さいですが、よい香りがするところから「芳香のする」というフラガリアという意味の属名が付いています。果実はケーキやジャムに使われたり、果実酒にも活用されています(^^)現在、よく目にする大粒のイチゴが普及するまでは、生食用として栽培されていたそうです。ハーブミュージアム下園路沿いなどで、ご覧いただけます♪
c0366802_12460977.jpg

by herbguide | 2017-11-26 12:46 | 2017年11月 | Comments(0)

鉢花がおすすめ!ストレプトカーパス

アフリカを中心に130種以上が分布しているというストレプトカーパス。
明るい室内でよく育ち、風通しのよいところを好みます♪
ここ100年ほどの間に紫、ピンク、白などの花をつける品種が生まれているそうです。
とっても可愛らしく見た目にも華やかなストレプトカーパスは、ただいまグラスハウス内にてご覧いただけます(*^_^*)

c0366802_15213712.jpg

by herbguide | 2017-11-24 15:22 | 2017年11月 | Comments(0)

黄色に色づくトサミズキ

■トサミズキ

名前のとおり、高知県の土佐に多くみられます。
ミズキとついていますが、ミズキ科の「ミズキ」とは別種です。
丸い葉が特徴的な低木の落葉樹で、海外へ
19世紀、シーボルトにより紹介されたといわれています。
現在、滝のパティオ付近にて、黄色の美しい色づきを見せています。

c0366802_15392779.jpg


by herbguide | 2017-11-22 15:40 | 2017年11月 | Comments(0)

クリスマスシーズンを彩るポインセチア


■ポインセチア

グラスハウス・エントランスでは、ポインセチアを使ったガーデンをご覧いただけます。

真っ赤な品種をイメージする人が多いかもしれませんが、こちらの品種は“ゴールド”といい、苞(ほう)の色合いが時間の経過とともに、徐々にピーチイエローとオレンジイエローに変化していく様子をお楽しみいただけます。
c0366802_16583132.jpg

by herbguide | 2017-11-20 17:00 | 2017年11月 | Comments(0)

大きなクリスマスツリーと一緒にお楽しみください(^-^)

■ストック

切り花や鉢花など観賞用として楽しまれていますが、食べることができるエディブルフラワーとして料理にも利用されています♪長い花穂にびっしりお花をつけ、葉の緑色とのコントラストもきれいです。ただいま、ウェルカムガーデンで大きなクリスマスツリーと一緒にご覧いただけます🎶
c0366802_13283894.jpg

by herbguide | 2017-11-19 13:28 | 2017年11月 | Comments(0)

燃えるロウソクのような“ノゲイトウ ピア”

■ノゲイトウ ピア

ロウソクの炎を思わせるような鮮やかな色が特徴です。
花序の水分が少ないため乾燥して、切り花を逆さ化に吊るすと簡単にきれいなドライフラワーを作ることができます。

和名のノゲイトウ(野鶏頭)は、花序のかたちが鶏のトサカを思わせるところから由来しています。
ハーブミュージアム周辺でご覧いただけます。

c0366802_16332944.jpg


by herbguide | 2017-11-17 16:56 | 2017年11月 | Comments(0)

ミカンがおいしい季節ですね (^-^)

■ウンシュウミカン

鹿児島県原産で暖かい地方にて広く栽培され日本の代表的なミカンといわれています。56月に3cmほどの小さな白い花を咲かせます。果実の収穫は極早生(ごくわせ)のミカンで9月頃から晩生(おくて)のミカンで3月頃までとなっています♪これからの寒い冬の時期には、こたつに入ってミカンを食べながらのんびりテレビでも見て過ごしたいですね🎶現在、オリエンタルガーデンでご覧いただけます(^^)

c0366802_11032776.jpg


by herbguide | 2017-11-15 11:04 | 2017年11月 | Comments(0)

綺麗な眺望とビオラをご一緒に (^-^)

■ビオラ

西フランスに自生するコルヌータ種を中心に改良されたものは、小輪多花性でタフテッド・パンジーと呼ばれ、別名で一般的にビオラと呼ばれます。実はパンジーとビオラには客観的な違いはなく、その境界線は曖昧です。

小振りな花が群がるようにたくさん咲く品種を一般的に日本ではビオラと呼んで区別しています。

お花の色も白や黄色、紫や赤色などたくさんの色があります♪また、10月中旬頃から5月頃までと開花期も長く、冬も色とりどりのお花が見れるのも嬉しいですね(^-^)

現在、グラスハウスのガーデンテラスにてきれいな眺望と一緒にお花をご覧いただけます🎶



c0366802_11301449.jpg


by herbguide | 2017-11-13 11:30 | 2017年11月 | Comments(0)

ドウダンツツジも色づきはじめています!

■ドウダンツツジ

春につぼ型の可愛らしいお花が咲くことが特徴です。
「ドウダン」とは、枝分かれしている花が、灯台(結び灯台)に似ていて、
「トウダイ」から転じて名前になったと言われています。
また、秋には紅葉し美しい赤色に染まることで日本庭園などにも彩りを添えてくれます。
現在、オリエンタルガーデンにてご覧いただけます。

c0366802_12073696.jpg


by herbguide | 2017-11-12 12:07 | 2017年11月 | Comments(0)

ハーブガイドがハーブや花の見ごろをお届けします


by herbguide
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る