カテゴリ:2018年8月( 22 )

台風一過のハーブ園へぜひお越しください!

台風21号が近畿地方を直撃し、猛威をふるいましたが、一夜明けて、ハーブ園は晴天で、たいへん見晴らしもよく、花やハーブたちも元気よく咲いています!かわいらしいお花を見ながら、ぜひ園内散策をお楽しみください!

c0366802_13232442.jpg
c0366802_13224723.jpg


by herbguide | 2018-09-05 13:25 | 2018年8月 | Comments(0)

淡いピンクの花がかわいい木立ベゴニア

グラスハウス温室で見頃を迎えている木立ベゴニアです。

黄色の花弁のついた淡いピンクの花がとてもかわいらしく、温室を彩っています。

ベゴニアは元々熱帯から亜熱帯地域にかけて分布している植物であり、半日陰の多湿の場所を好みます。初夏から秋にかけて長く花を楽しめます。

園内散策をしながら、グラスハウス温室へ足を伸ばしてみてください!

c0366802_15035490.jpg


by herbguide | 2018-09-03 15:04 | 2018年8月 | Comments(0)

古くから親しまれているガーリックチャイブ

漢方薬としても知られ、冷え性の緩和や調整に効果的が期待できる、ガーリックチャイブが開花し見ごろを迎えています。

■ガーリックチャイブ

c0366802_16425352.jpg

別名をニラ、チャイニーズチャイブスと言います。チャイブに似ていますが、葉は平たいのが特徴です。黄ニラ(軟白栽培した葉)や花ニラ(花茎)も栽培され、油との相性も良く、炒め物に最適です♪ただいま、ハーブミュージアムや出合いの門付周囲にて、ご覧いただけます。



by herbguide | 2018-09-02 16:54 | 2018年8月 | Comments(0)

古くから利用されてきたハーブ

■ローズマリー

小さく青い花がしずくのように見えることから「海のしずく」を意味するラテン語に由来してローズマリーという名前がつけられました。

古くから利用され親しまれてきたハーブで、肉や魚料理の下処理に使ったり、ハーブオイルにしたりと、用途は様々。

もちろんハーブティーとして飲むこともでき、刺激的な香りは気分をスッキリさせてくれます。

少しずつ花が咲きだしたローズマリーは園内各所でご覧いただけます。

c0366802_16453183.jpg


by herbguide | 2018-08-31 16:45 | 2018年8月 | Comments(0)

天然のせっけん“ソープワート”

■ソープワート

白い花と緑葉が爽やかな印象のソープワート。石鹸の成分であるサポニンを含み、葉を水に浸して揉むだけで、ぬめりが出てくるため、ヨーロッパでは天然の石鹸として使われてきました。中世では洗い物をする水車小屋のそばには必ずソープワートが植えられました。繊維を傷めないため、現在でも遺跡から出土した品物や高級羊毛製品などデリケートなものを洗うときや洗髪にも使われるそうです。ただいまハーブミュージアムでご覧いただけます。

c0366802_16085915.jpg


by herbguide | 2018-08-29 16:09 | 2018年8月 | Comments(0)

ウェルカムガーデンで撮る思い出の一枚

ハーブ園山頂駅降りてすぐのウェルカムガーデンです。ただいまインパチェンスやサルビア・ファリナセア、アンゲロニア、ジニア、クレオメなどの見頃の花やハーブが皆さんのご来園をお迎えしています!ヒマワリもお楽しみいただけますよ♪四季折々姿を変えるウェルカムガーデンを背景に、素敵な思い出の一枚をお撮りください。


c0366802_13474569.jpg



by herbguide | 2018-08-27 13:48 | 2018年8月 | Comments(0)

開花期が長いサルスベリ

■サルスベリ

「サルが滑り落ちるほど木の肌がなめらか」であることが由来してこの名が付きました。

花は夏から秋にかけて長く咲いてくれるため、漢字では「百日紅」と書きます。

ハーブ園のサルスベリは白い花弁ですが、他にもピンクや紫といった花を咲かせるものもあります。

こちらはただいま四季の庭“いやしの庭”でご覧いただけますので、ぜひ花も楽しみつつ、なめらかな幹もご注目ください。

c0366802_12020077.jpg


by herbguide | 2018-08-26 12:02 | 2018年8月 | Comments(0)

葉の切れ込みが特徴のモンステラ

グラスハウス・温室では、モンステラの仏炎苞(ぶつえんほう)が見られ、生長している様子をご覧いただけます。

■モンステラ(花)

c0366802_12424704.jpg

c0366802_12424958.jpg

c0366802_12424514.jpg

中央・アメリカの熱帯地域が原産地となるモンステラを見ていると、ジャングルの中に迷い込んだよう。

クリーム色の大きな仏炎苞は、肉穂花序(にくすいかじょ)を包む、大型の苞(ほう)のことを言います。時間がかかりますが、果実が熟してくると、周辺には甘い香りが漂います。


by herbguide | 2018-08-24 12:44 | 2018年8月 | Comments(0)

艶やかな小花が美しいパープルルースストライフ

■パープルルースストライフ

茎をとりまくように赤紫の小さな花がたくさん咲き、見頃を迎えています。ハーブミュージアムを彩っているパープルルースストライフは、和名をエゾミソハギといいます。花と葉は庭の彩りや切り花など鑑賞用として、また、非常時の食料として生食も可能です。花は乾燥しても鮮やかな色が残るため、ドライフラワーやポプリに使われます。葉には強力な収れん作用があるため、スキンケアにも向いています。幅広く使えるパープルルースストライフをぜひ見に来てください!


c0366802_13281986.jpg


by herbguide | 2018-08-22 13:28 | 2018年8月 | Comments(0)

ヒマワリ探ししてみませんか?

お盆を過ぎて、猛暑も一息つきました。今年はヒマワリが早く咲きましたが、今もヒマワリをご覧いただけるガーデンがあります♪こちらは四季の庭メドウガーデンのヒマワリ大雪山です。背が高いので、なんだか見守られているようにも感じられます。夏の終わりに、園内を巡りながら、ヒマワリを探してみてはいかがでしょうか?


c0366802_12115685.jpg


by herbguide | 2018-08-20 12:13 | 2018年8月 | Comments(0)

ハーブガイドがハーブや花の見ごろをお届けします


by herbguide
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る