<   2017年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

カワラナデシコが咲いています♪

■カワラナデシコ
c0366802_12575254.jpg

秋の七草のひとつです。カワラ=河原と名前につくように、河原のような日当たりと水はけ、風通しのよい土地を好みます。細かく裂けたような形の花びらが綺麗ですね(^^)


只今、オリエンタルガーデンにてご覧いただけます♪



by herbguide | 2017-09-29 12:58 | 2017年9月 | Comments(0)

お料理やお茶に万能なアシタバ

■アシタバ

c0366802_15053124.jpg

常緑の多年草です。

ビタミン類・ミネラル類・食物繊維を豊富に含んでおり、

若葉を、お浸しや酢の物、天ぷら、油炒めなどのお料理に、

また乾燥した葉は「アシタバ茶」として、市販されています。

現在、オリエンタルガーデンでご覧いただけます!


by herbguide | 2017-09-27 15:17 | Comments(0)

紫の葉が美しいムラサキゴテン

■ムラサキゴテン

葉をはじめ全体が紫色に染まる姿が神秘的できれいです。
葉は厚みがあり多肉質で、全面に白く柔らかい毛が生えています。
乾燥に強いので、土が濡れているときは水を与えすぎると根が腐る原因になるので注意しましょう。
街角や住宅街の片隅で半野生化したものもよく見かけます。
オリエンタルガーデンでご覧いただくことができます♪

c0366802_14363729.jpg


by herbguide | 2017-09-25 14:37 | Comments(0)

秋の風景を彩るムラサキシキブ(実)

■ムラサキシキブ(実)


秋になるとツヤのある美しい紫の果実をつけ、庭木として親しまれています。

紫色の敷き詰まったような実の付き方から「むらさきしきみ(紫敷き実)」や

紫色の実が茂るように見えることから「むらさきしげみ(紫茂実)」が訛って

名前がついた説があります。雑木の寄せ植えのひとつや、日本庭園にもぴったりです(^^♪

現在、オリエンタルガーデンで見ることができます。

c0366802_17172534.jpg


by herbguide | 2017-09-24 17:19 | 2017年9月 | Comments(0)

お彼岸のころから咲き始めます

■ヒガンバナ

赤色の花を輪状につけ、日本全土に群生する多年草です。ヒガンバナは花が終わってから線形の細い葉を広げます。和名は彼岸のころから花が咲くため彼岸花とつけられ、別名の曼殊沙華(マンジュシャゲ)は法華経などの仏典に由来します。ただいま、オリエンタルガーデンでご覧いただけますので、秋の訪れを感じる花を見に来てください🎶

c0366802_14380758.jpg


by herbguide | 2017-09-22 14:40 | 2017年9月 | Comments(0)

白い模様が美しいヘデラへリックス

■ヘデラへリックス


この品種は、白の斑入りで観葉植物やグラウンドカバーにも多く利用されています。
水耕栽培でも育てることが出来るため、水挿しにするとインテリアにもなります。
ハーブ園山頂駅の建物を覆っている一つで、普段はあまり目立たない植物ですが、
現在定期のガイドツアー「五感で感じる!ネイチャーツアー」
でもご紹介しています!

c0366802_15301245.jpg




by herbguide | 2017-09-20 15:32 | 2017年9月 | Comments(2)

風に揺れるセンニチコウがキレイです♪

■センニチコウ
c0366802_13302299.jpg

ボンボンのような丸い花が愛らしく、切り花としても人気です。

乾燥させても色褪せにくいのでドライフラワーに最適です。

ただいま、風の丘フラワー園などでご覧いただけます♪

by herbguide | 2017-09-18 13:35 | 2017年9月 | Comments(0)

「幻の果実」とも呼ばれる!?モンステラが開花しています♪

ただいま、モンステラの花をグラスハウス温室内でご覧いただけます♬

■モンステラ

c0366802_15391067.jpg

肉穂花序(にくすいかじょ)とその周りをくるむように付く仏炎苞(ぶつえんほう)から成ります。肉穂花序は開花後1年くらいで完熟し、甘い香りを漂わせ食用と成ります。


by herbguide | 2017-09-15 15:39 | 2017年9月 | Comments(0)

鮮やかな色が目を惹くゼラニウム

■ゼラニウム

c0366802_16374620.jpg

少し多肉質の茎をもち、乾燥には強いですが、過湿には弱い性質をもっています。
花は一重咲きから八重咲きまであり、星形やカップ状の小花が集まって、先端につきます。
また、葉に白や黄色の斑が入る品種種もあり、ガーデニングのデザインに華を添えることができます。

なお、葉に強い芳香のあるものは、センテッドゼラニウムといいます。

グラスハウスでは、鮮やかな赤色のゼラニウムと
香りのいいセンテッドゼラニウム両方をご覧いただくことができます。


by herbguide | 2017-09-13 16:38 | 2017年9月 | Comments(0)

秋を感じる

天候も秋へと移ろいつつ、ハーブ園内も秋の植物へと徐々に衣替えとなってきています。

■パンパスグラス

日本には明治の中頃に入ってきた、原産地がアルゼンチンの植物です。大草原(パンパス)に生える草(グラス)という意味で、ススキを一回り大きくしたような植物です。園内散策時も目に留めていただけると思います(^-^)

展望下ガーデン、四季の庭などでご覧いただけます。是非、秋を感じにお越しください🎶

c0366802_11293125.jpg


by herbguide | 2017-09-11 11:30 | Comments(0)

ハーブガイドがハーブや花の見ごろをお届けします


by herbguide
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る